上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「Kuumba du Falafel」 ★★★★★

神泉の辺りでランチを探していたところ、食べログで中東料理が引っ掛かったので行ってみた。

松涛のコナミスポーツの近く、セントラル病院分院のすぐそばだ。
ガラス張りの店頭にはメニューも看板もないので入ってみるのは勇気がいる。
入ってきょろきょろしていると「食べて行かれますか?」と声が掛かる。

メニューを見る限り、ピタサンドがメインのようだ。
今回はランチセット(ハーフピタサンド+スープSで1000円)にしてみた。

スープはレンズ豆か何かのスープ。
スープといっても、豆がぎっしり入っていて食べごたえがある。
たとえるとしたらぜんざいだろうか?
味は中東風で、辛くはなく香りがある。
外語祭のペルシア語(イラン)料理店を思い出したので、そちらの方の味付けなのではないかと思われる。




ピタサンドは、ピタの倍近く野菜がはみ出た大ボリューム。
食べても食べてもピタにたどり着かない。
フォークでサラダのように食べる。
野菜はサニーレタス、キュウリ、紫キャベツ、トマト、ラディッシュなどでサラダぽい。
ラディッシュがハムに見えたので、口に入れた瞬間に不思議な気分になった。
ケッパーとかいう酸っぱくて小さい実も入っていた。
中東料理のフムス(ひよこ豆で作ったポテトサラダ?)もしっかり入っている。
上の方にブロッコリーのような謎のソースがかかっていたが、結局正体は分からないままだった。
店の名前になっているファラフェルはひよこ豆のコロッケらしい。
濃い黄色(かぼちゃ風)で、衣はパン粉よりも粒が大きい。
感触はポテトコロッケと大体同じだが、ひよこ豆なので、エアインディアのおやつに出たひよこ豆スナックを思い出した。
ピタは最後の方にやっと出てきたので印象が薄いが、ナンに似たしっかりもちもちの感触だったと思う。

野菜ばかりで楽勝かと思いきや、意外に満腹になり、腹持ちもまあまあだった。
隣のおねーちゃんがプレートセットを1/4ほど残していて、少食なのか好き嫌いなのかと思ってしまったが、プレートはピタより量が多いことを考えると、女性なら食べきれなくても仕方がないかもしれない。
食後ちょっと油脂分が多かったように感じたが(生クリームやかき揚げなど油脂が多いものを食べると鼻がムズムズするのだが、ちょっとだけその感覚があった)、ファラフェルは小さかったので、サラダの味付けに油が使われていたのだろうか?

食べきれるか分からないがプレートセットも挑戦してみたい。

Kuumba du Falafel (アジア・エスニック料理(その他) / 神泉駅駒場東大前駅池尻大橋駅

昼総合点★★★★ 4.5



Secret

TrackBackURL
→http://kisyokuhotchpotch.blog.fc2.com/tb.php/591-a3678d48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。