上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイボールカップケーキ


「アイボールコーンフレークカップケーキ」 ★★

前回の芋虫カップケーキ同様、イギリスのパン屋GREGGSのハロウィン企画物。

これも65ペンスくらいだったと思う。

チョコで固めたフレークの上に、オレンジ色のソース(?)と目玉プレートが乗っている。

店で売られているものの中には、ソース部分が真っ赤のものもあった。
オレンジ色が切れて違う色で代替したのだろうか?
赤の方がグロテスク度が強かったので赤いのがほしかったが、残念ながら入手できたのはオレンジの方だった。

下のコーンフレーク部分はただのチョコフレークだけあってまともな味。
昔こういうお菓子があったのを思い出した。
今もあるのかもしれないが。


問題は目玉。
砂糖でできた板(お誕生日用のプレートとは違う)なので、まともな味かと思いきや、
なぜか金属の味がする。

目玉の血走った部分が銅色に見えたのだが、まさか本当に金属だったのだろうか?

金箔だのナノコロイドプラチナだのアラザンだのが食品・飲料として売られているので多少の金属を食っても死なないのだろうが、こんな味がしていいものなのだろうか……。





Secret

TrackBackURL
→http://kisyokuhotchpotch.blog.fc2.com/tb.php/649-38b62920
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。